国際看護学の授業

.17 2017 未分類 comment(0) trackback(0)
みなさまこんにちは!急に寒さが増してきましたね。
お鍋の美味しい季節になってきました。
今回は修士1年の坪田がブログを担当します、よろしくお願いします。

先日私たちの研究室に、筑波大学修士課程看護学専攻の学生6名をお迎えし、国際看護学の授業がありました。
留学生、魏 晨さんから「中国の高齢者ケア体制について」のお話をいただき、
中国の高齢者がより安心し幸せに生きていく社会を実現するためにできることをチームで話し合い、
エンパワメント支援設計図を作成しました。

看護学専攻の学生、公衆衛生学専攻の学生、日本人と中国からの留学生が1つのチームとなり、
中国の現状を聞きながら計画を作成していきました。日本では、私たちが看護学生の時代から、
すでに多くの高齢者サポート体制が整っていたため、中国での高齢者支援に関する多くの課題は、
とても新鮮で難しく感じました。特に、「家族が高齢者施設へ入所することは、家族を自分で見ない
親不孝者と思われてしまう。」という話を聞き、自分の祖父母が同じことを話していたことを思い出しました。

中国では施設サービスが充実していないため、施設への信頼が薄い状態です。
また、施設入所や訪問サービス等の支援が整備されておらず、家族の身体的金銭的負担も大きいと言います。

「家族を大切にしたい」という中国のみなさんの温かい心を大切にしながら、どんな支援ができるのか、
エンパワメント支援設計図を発表しディスカッションを行いました。

【発表風景】
IMG_1927.jpg

各チーム「認知症への理解促進」「医療保険制度の見直し」「既存施設の再構築と施設へのイメージ改革」について
発表がありました。計画のテーマが様々であり、どれもとても興味深くディスカッションするできました。
安梅先生からは、「対象者の『強み』を活かした支援設計図が対象者をエンパワメントする秘訣である」
というアドバイスをいただき、支援設計図をより深める大切な視点を学ばせていただきました。

【参加者の集合写真】
IMG_1932(1).jpg

看護の支援、地域保健の視点、日本と中国の視点、さまざまな経験を持つ方と話し合いができ、
とても楽しく学びのある時間を過ごすことができました!
みなさまご参加ありがとうございました!!
関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://empowermentlab.blog97.fc2.com/tb.php/279-1265969f