FC2ブログ

第76回日本公衆衛生学会総会

.06 2017 学会・フォーラム・シンポジウム comment(0) trackback(0)
みなさんこんにちは、おはようございます、こんばんは!
修士課程1年の年野(としの)です。
全国的には初雪の便りも聞かれ、秋の深まりを感じる季節となりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

10月31日(火)から11月2日(木)までの3日間は、第76回日本公衆衛生学会総会に参加するために研究室メンバーで鹿児島県へ向かいました!
降り立った鹿児島では暑い日差しに迎えられ、関東から一緒に空港に降り立った方々が一同に上着を脱ぎ始めたことが印象的でした。

初日の31日(火)には当研究室主催のシンポジウムを「当事者主体のコミュニティ・エンパワメントの評価と活用法」というテーマのもとに講師先生方に語っていただきました。

飛島村の奥村先生、伊藤先生からは、「25年におよぶ多世代交流と健康長寿支援」との題でとびしまオリジナル体操普及をはじめとした自治体での健康づくり事業とその評価について実例を交えて語っていただきました。

北九州市立小倉北ふれあい保育所の酒井先生からは「夜間保育所からみた育児環境支援―17年の変化と成果」との題で保育所における育児環境評価指標(ICCE:Index of Child Care Environment)を活用した当事者主体の支援の在り方と効果についてご説明いただきました。

社会福祉法人芳香会の酒寄先生からは「社会福祉法人のコミュニティ・エンパワメント」と題し、法人での「夢の花ワークショップ」を通じた職員(当事者)エンパワメントの実践と評価についてご紹介いただきました。

最後に、健康科学大学の篠原先生より「健やか親子21包括的支援」との題で、全国各地での当事者主体のコミュニティ・エンパワメント評価と活用方法の展開についてお話いただきました。
参加者の皆様にとって大変興味深い内容を、それぞれの先生方の実践に基づきながら分かりやすくご説明してくださいました。

シンポジウム座長の安梅先生、篠原先生とシンポジストのみなさまと記念撮影♪
IMG_0619.jpg


また、同日夜には毎年恒例の自由集会を「生涯発達コミュニティ・エンパワメント―コホート根拠を実践に生かすー」をテーマに掲げ開催しました。シンポジウムに引き続き、北九州市立小倉北ふれあい保育所の酒井先生を講師に迎え、夜間におよぶ長時間保育の課題から、保育の質向上に向けた取り組みと評価についてお話いただきました。チームエンパワメントとして所内職員での勉強会や、保育所を利用されている方々が目標を理解しやすいように子どもの発達を見える化(データ化)した子育て支援についてご紹介頂きました。そして、伊藤先生、奥村先生、酒寄先生のお3方に話題提供者としてお話いただきました。
評価と実践のつながりの重要性に焦点をあてた会となり、参加者はそれぞれの立場で、実践と評価を融合させる大切さ、エンパワメントを考える機会となりました。

自由集会メイン講師の酒井先生☆
IMG_0627.jpg


一般演題としては初日の博士2年の渡邊久実さんを皮切りに、渡辺多恵子先生、伊藤先生、澤田先生、田中先生、修士2年の佐野さんのご発表がありました。

素晴らしい発表をされたみなさんのポスターセッションの様子です!熱い思いが伝わってきますね♪
IMG_5590.jpg


IMG_5427.jpg

IMG_5431.jpg

IMG_5439.jpg

IMG_5479.jpg

IMG_5477.jpg

自由集会後の懇親会も大盛況!自由集会の議論の続きはもちろんのこと、鹿児島の幸を堪能いたしました!(盛り上がり過ぎて写真撮影を忘れてしまいました。。。)

この3日間を通して、改めて公衆衛生学の幅広さを実感するとともに、注目されている話題は何か、政策立案、実行へどのような働きかけが必要とされているかを垣間見ることが出来ました。そして、諸先輩方の発表を通して、私自身も実践と評価を繋げ、実現できる人間になっていきたいと強く思いました。

参加者全員でポスター発表後に記念撮影📷
IMG_5588.jpg


来年の第77回公衆衛生学会は私の出身県でもある福島県で開催予定です。私も先輩方と共に演者として発表できるよう、努力を重ねていきたいと思います。
また次回、皆さんにお会いできることを楽しみにしています!
関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://empowermentlab.blog97.fc2.com/tb.php/278-f11edbd4