fc2ブログ

第77回日本公衆衛生学会

.28 2018 学会・フォーラム・シンポジウム comment(0) trackback(0)
すがすがしい風の吹く、秋晴れの日々が続いています。紅葉の綺麗な季節になってきました。

今回は修士2年の坪田が担当します。宜しくお願いします。

先日10月24~26日に、福島県郡山市で第77回公衆衛生学会が行われ、エンパ研メンバーも参加してきました。

24日は座長にエンパ研の安梅先生と埼玉県立大学の延原先生をお迎えし、シンポジウムを開催しました。
「アクションリサーチを活用した当事者主体の共創によるエンパワメント」をテーマに、
飛島村の伊藤先生、奥村先生、宮城大学の河西先生、健康科学大学の篠原先生、
淑徳大学の渡辺先生と伊勢ヶ浜保育園の青木先生から、
研究と実践が一体となり、当事者が主役となった地域づくりについて貴重なお話しを伺いました。

地域全体をエンパワメントするには、当事者のみなさんとともに、
根拠のある活動をしていくことが、当事者のみなさんにとっても研究者にとっても、大切なことであると改めて考えました。

集合写真2


また、学会開催中の3日間、エンパ研からは渡辺先生、冨崎先生、澤田先生、田中先生、
博士の荒川さん、渡邊久実さん、修士の年野さんと坪田がポスター発表を行いました。
また、田中先生はポスターで優秀賞を受賞されました。おめでとうございます!

田中先生


学会ポスター発表デビューの修士2年年野さんと坪田も、緊張しながら無事発表を終えました。
大変貴重な経験をさせていただき、たくさんご指導くださった、安梅先生、田中先生、久実さん、
研究室メンバーのみなさん、ありがとうございました。

S__117006344_20181028162352a99.jpg

unnamed_2018102816213599d.jpg


学会を通し、当事者の声に寄り添い、当事者の声を大切にしていきながら、実践に即した研究が大切である感じました。今後も先輩方、後輩達とともに成長していきたいと思います。

Welcome Party

.15 2018 未分類 comment(0) trackback(0)
Hello everyone, this is HU, the trainee in this lab.
It’s getting colder in recent days. I hope you all can take care of yourselves.

We spent a very unforgettable and meaningful day together on October 9th.
After the seminar, we held a party to extend a warm welcome to the new
members, Sana-san, Li-san, and Kaku-san, in our lab.

We made rice balls by ourselves. The delicious rice was given by Hattori-san
from Tobishima as a present. In addition, we were impressed by Hattori-san’s
sincere heart and enjoyed the wonderful food with gratitude. Because of the
frequent concern from village head and villagers, we are so move and grateful
for their kindness. It is a great fortune to have this chance that we get together
and share this special gift.

rice ball2

We communicated with each other in a warm atmosphere just like we’re family.
And I believe that we can get over all of the difficulties together. Then we took
a new photo and everyone in it showed a beautiful smile.

IMG_0446 改

Sana-san, Li-san, and Kaku-san, I believe that there will be an incredible
relationship between all of us and we can gain and study from our partnerships.

I think it would be a special day which can be regarded as a wonderful memory.
Let’s look forward to the future.


第31回日本保健福祉学会

.04 2018 未分類 comment(0) trackback(0)
秋も深まる季節になりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか
博士課程3年の渡邊です。

今回は、9月29日(土)神奈川県立保健福祉大学で開催された第31回日本保健福祉学会のご報告です。


本大会のテーマは『保健福祉学の挑戦』でした。

教育講演では、高山忠雄先生より「日本保健福祉学会の誕生」について、歴史ある最先端ケアの科学を求める学会の歴史や誕生秘話について貴重なお話を伺いました。
学会誕生秘話から当時の時代背景や保健福祉の変遷について改めて歴史を感じ、当事者主体とwell-beingの重要性など保健福祉学の在り方についても考える機会になりました。
私も若輩ながらも、歴史ある保健福祉に少しでも貢献できるように精進していければと思います。

また、貴重な講演に加えてお楽しみの懇親会も参加者の笑顔が溢れる会になりました。


20181004_20181004155442a05.png


本学会に参加し、保健福祉学の歴史を知り、これからの保健福祉に思いを馳せる時間となりました。
関係者のみなさま貴重な機会を本当にありがとうございました!

2018年度第6回みらいエンパワメントカフェ

.04 2018 未分類 comment(0) trackback(0)
Hello, everyone! I'm SUN, the research student in our empowerment lab.
Today, Professor Shinohara gave us a wonderful lecture about the empowerment of the healthy
combination between parents and child.
Professor Shinohara explained the definition of the "the healthy combination between parents and child"
and the necessity of this subject.
Then he stated the viewpoint of this lecture. It is essential to use mother and
child health information flexibility with several specific methods.
Firstly, Professor Shinohara highlighted the summarization about
how to use the data of mother and child health information flexibility.

微信图片_20181001180013

Then, we learned from the lecture about data statistics divided into three parts.
The first one is how to collect data. For example, by manual inputting into excel;
by using statistics functions in excel.
The second one is how to use statistics software flexibility. By using a span-new system
such as the Child Health Diagnostic Information System to turn data into an excel table clearly.
The last one is gain conclusion through contrast the data.
Furthermore, Professor Shinohara also added that it is crucial to make a crossover scale.
He indicated that crossover scale is an effective way to investigate a large group of people.
It was a very meaningful lecture which made us understand the healthy combination
between parents and child and how to use the data of empowerment flexibility.
Thanks again for Professor Shinohara。ッs fascinating academic speech.
We all appreciate it a lot.
 HOME