FC2ブログ

Welcome Party

.15 2018 未分類 comment(0) trackback(0)
Hello everyone, this is HU, the trainee in this lab.
It’s getting colder and colder in recent days.
I hope you all can take care of yourselves.

We spent a very unforgettable and meaningful day together last Tuesday.
After the seminar, we held a party to extend a warm welcome to the new members,
Sana, Li and Hao, in our lab. We made rice ball by ourselves and we enjoyed the delicious food.
We communicated with each other in a warm atmosphere just like we’re family.
And I believe that we can get over all of the difficulties together. Then we took a new photo
and everyone in it showed a beautiful smile.

20181012.jpg

I think it would be a special day which can be regarded as a wonderful memory.
Let’s look forward to the future.

第31回日本保健福祉学会

.04 2018 未分類 comment(0) trackback(0)
秋も深まる季節になりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか
博士課程3年の渡邊です。

今回は、9月29日(土)神奈川県立保健福祉大学で開催された第31回日本保健福祉学会のご報告です。


本大会のテーマは『保健福祉学の挑戦』でした。

教育講演では、高山忠雄先生より「日本保健福祉学会の誕生」について、歴史ある最先端ケアの科学を求める学会の歴史や誕生秘話について貴重なお話を伺いました。
学会誕生秘話から当時の時代背景や保健福祉の変遷について改めて歴史を感じ、当事者主体とwell-beingの重要性など保健福祉学の在り方についても考える機会になりました。
私も若輩ながらも、歴史ある保健福祉に少しでも貢献できるように精進していければと思います。

また、貴重な講演に加えてお楽しみの懇親会も参加者の笑顔が溢れる会になりました。


20181004_20181004155442a05.png


本学会に参加し、保健福祉学の歴史を知り、これからの保健福祉に思いを馳せる時間となりました。
関係者のみなさま貴重な機会を本当にありがとうございました!

2018年度第6回みらいエンパワメントカフェ

.04 2018 未分類 comment(0) trackback(0)
Hello, everyone! I'm SUN, the research student in our empowerment lab.
Today, Professor Shinohara gave us a wonderful lecture about the empowerment of the healthy
combination between parents and child.
Professor Shinohara explained the definition of the "the healthy combination between parents and child"
and the necessity of this subject.
Then he stated the viewpoint of this lecture. It is essential to use mother and
child health information flexibility with several specific methods.
Firstly, Professor Shinohara highlighted the summarization about
how to use the data of mother and child health information flexibility.

微信图片_20181001180013

Then, we learned from the lecture about data statistics divided into three parts.
The first one is how to collect data. For example, by manual inputting into excel;
by using statistics functions in excel.
The second one is how to use statistics software flexibility. By using a span-new system
such as the Child Health Diagnostic Information System to turn data into an excel table clearly.
The last one is gain conclusion through contrast the data.
Furthermore, Professor Shinohara also added that it is crucial to make a crossover scale.
He indicated that crossover scale is an effective way to investigate a large group of people.
It was a very meaningful lecture which made us understand the healthy combination
between parents and child and how to use the data of empowerment flexibility.
Thanks again for Professor Shinohara。ッs fascinating academic speech.
We all appreciate it a lot.

エンパワメント研究会2018@小倉

.01 2018 未分類 comment(0) trackback(0)
研究員の田中です。不安定な天候が続きますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、先日開催されました、エンパワメント研究会2018@小倉についてご報告します。大先輩である、小倉北ふれあい保育所主任保育士の酒井初恵先生が幹事をしてくださり、スペシャル研究会のプレゼンターとして、家入先生、田中裕先生、久保(旧姓庄司)先生、酒井先生に研究実践についてご発表下さり(冨崎先生と田中も研究報告させていただきました)、熱い、熱い、熱い、ディスカッションが繰り広げられました。

IMG_01.jpg

研究をどう実践に活かすか、政策を含め現状をより良い方向に変えていくために、どんな戦略が有効か、そのためにデータをどのように伝えるか…乳幼児期から思春期、青年期まで、保育、教育から健康政策まで、幅広い年齢、職域で活躍されている先生方だからこその縦横無尽のディスカッションは、まさにグループダイナミクスとピアエンパワメント!すぐに消化できないほど、熱く濃厚な学びと刺激をいただきました(議論が白熱し、夕食を予約してくださっていた園長の酒井義秀先生には大変ご心配をおかけしました)。

IMG_02.jpg
なんとも嬉しいサプライズとして、園児の皆様からも、小倉祇園太鼓で歓迎していただきました!!!かっこよくて圧倒されました。何をしたいか、自分たちで考え、選んでくれたそうです。年長さんたちは、とってもかっこよくて、それを年中さん、燃焼さんが憧れと尊敬のまなざしで見ていた様子が、とても印象的でした。少しだけ、体験の機会をいただいたのですが、リズムがとても難しく、私はまったくのお手上げでした。

giondaiko18.jpg

田中裕先生、佇まいも着こなしもひときわキマっていて、さすがです。酒井先生はエンパ研Tシャツでおもてなしくださいました!先生方の個性とホスピタリティが随所に溢れ、到底書ききれないほどです。
group_all18re.jpg

その後は場所を移し、建物にもお庭にも、お食事のひと品、ひと品にまでも、粋を感じる素敵な夕食のひとときを過ごさせていただきました。酒井先生ご夫妻の洗練されたおもてなし、お心遣いの数々に、感謝と尊敬の思いを言い尽くせません。
夕食後はディープな夜の小倉を、案内いただきながらそぞろ歩きし、研究会第二部へ。
あいにくの不参加となられた先輩方にも現地からコールし、遠隔参加を期待しながら(?)小倉の夜は更けていったのでした。

明けて翌日は、TOTOミュージアムを訪れ、トイレから公衆衛生の歴史を振り返り、
出光ミュージアムでは、「人間尊重」という先達の言葉から、人が人を大切にしながら生きていくとはどういくことか、環境との共生とはといった今日的な課題まで考えさせられる時間となりました。
関門地区では、目の前が山口という特異な地形に圧倒され、アインシュタインや林芙美子といった小倉に縁のある偉人エピソードに触れながら、酒井先生を育んだ小倉という地の力強さと奥深さを改めて感じました。

私にとっては、学部学生のときにお世話になった大先輩ばかり、という夢のような研究会2日間、非常に緊張するとともに、過去から今、そして未来へと思いを馳せながら、「なぜ研究するのか、何のために研究するのか」改めて考えさせられた2日間でもありました。

また、先輩方が口をそろえて、留学生の卒業後の様子や現役学生が今どんなことに困難を感じているかなど、いつも心にとめ、気にかけてくださっていることに、後輩として、改めて感謝の思いでいっぱいになった2日間でした。ぜひ、今後の企画に活かしていきたいと思います。
酒井先生、このたびは本当にお世話になり、言葉では言い尽くすことができません。
それぞれに超ご多用のなかご参加くださいました先生方、本当にありがとうございました。
これからの研究会が、ますます皆さまをエンパワメントするものとなりますように!

groupphotokokura18resize.jpg

2018年第5回みらいエンパワメントカフェ

.30 2018 未分類 comment(0) trackback(0)
Hello, everyone! I am TAO, the M1 student in our empowerment lab.
Today, Professor. Miyazaki gave us a wonderful lecture about the empowerment
of realizing inclusion of lifetime.
Professor. Miyazaki explained the definition of “the disabled”,
including physical disabled, cognitive disabled, mental disabled.
He also stated the viewpoint of this lecture. The disabled are not just
connected to medical model, it also can be considered in a social model.
There is also a comparison between diversity and inclusion.
Three necessary factors need to be considered in diversity. For example,

WechatIMG1.jpeg

trying to improve the institution and rules; trying to change the social environment;
trying to change your attitude, awareness and actions.
We also learned from the lecture that there are two types of diversity.
In primary dimension, nationality, race, gender, LGBT, age, the disabled or not disabled are included,
while in the secondary dimension, education, occupation, income, marriage, lifestyle,
region are covered.
Hence, we can find that there are four stages to advance empowerment: denial, social support,
participation and self-realization.
It was a very meaningful lecture which made us understand the situation of the disabled
and how to realize the empowerment of inclusion in our lifetime.
Thanks again for Professor. Miyazaki’s fascinating academic speech.
We all appreciate it a lot.
 HOME